日帰りスノボは雪焼けによる日焼けにも注意を

日帰りスノボは天気のいい日だと最高のロケーションで、気分良く滑ることができます。

産経デジタルについて調べるなら、こちらをご覧ください。

その反面で日帰りスノボで、天気がいい日は要注意な日でもあり、それが雪焼けという日焼け現象です。
気軽な日帰りスノボは、その日の楽しみを頭に思い描いているものの、その時間帯には太陽と雪があるので、雪焼けを起こる確率は大です。

日帰りスキーの最新情報をご提供します。

日光は真っ白い雪の白さに反射をするので、皮膚が自然に黒く焼けてしまいます。
通常人間が生活をしていると、太陽の下にいるので日焼けをしますが、それよりももっとすごいです。
どれほど強いのかというと、紫外線反射量は真夏の太陽よりも、かなり強烈にあるほどであるために、どれほど雪山が日焼けする場所かが想像がつくでしょう。

ゲレンデが雪で真っ白な状態であるとしたら、太陽の反射率は実に90%になります。
少し季節が外れれば、雪の反射等は問題ないと思いきや、それでも反射率は40%にもなりますので、雪のコンディションが悪くても雪焼けはします。


美しく白いゲレンデは快適である反面で、通常の直射日光よりも、その2倍という数字の太陽光線を強力に放つことになります。
ゲレンデは冬の寒い時期だからと油断ならないのは、真夏の海のビーチと比べてみても、およそ2.5倍もの強い紫外線量を浴びる事になるからです。



行くなら雪質が良いゲレンデがいいものですが、その高い場所へ行くほどに、紫外線量は強いです。白く輝くゲレンデでの、日帰りスノボは日焼け対策必須です。